025-225-2201
新潟県税理士協同組合
日本税理士協同組合連合会
日本税理士連合会
関東信越税理士会新潟県支部連合会

活動報告

第56期通常総代会

広報担当常務理事 塩崎 嘉夫

写真:表彰状

新潟県税理士協同組合第56期通常総代会は、628ANAクラウンプラザホテル新潟(新潟市)において、昨年同様、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から規模を縮小、時間を短縮して開催することとなりました。

 総代会は司会の髙橋常務理事の開会の挨拶に始まり、物故組合員・賛助会員9名に対し黙祷を捧げました。次に武石専務理事から来賓紹介があり、続いて三村理事長から次のとおり挨拶がありました。「皆さんこんにちは。昨年の621日、理事の皆さんの代表ということで選んでいただき、ようやく1年が経過しました。まずは皆様のおかげをもちましてやってこれたことに感謝申し上げます。新潟県税協はこの1年の間、昨年も又一昨年もそうでしたが、ずっと規模の縮小ということで色々なことをできないままにやってまいりましたが、本日も少ない人数で開催させていただくことをご了承願いたいと思います。ただ本日は総代会終了後2年ぶりに懇親会を行いますので楽しみにしていて下さい。私は昨日と一昨日、栃木県の日光へ行ってまいりました。これは関東信越税理士協同組合連合会の表彰式で、私は引率係といいますか、新潟県の世話係ということで行ってきた次第です。この表彰式も2年連続中止となっていましたが、今年は復活しました。今後は段々と前のような状態に、ウィズコロナではありますが様々な経済活動が戻ってくるであろうと思い、また願っております。戻ってきたその時には今まで以上に色々なことを盛大に行い、また結果を出していければと思っています。

皆様のご協力なくして新潟県税協は成り立ちません。今後とも是非お力を貸していただきたいと思います。最後になりますが本日お集まりいただいた皆様の御健勝と御発展を祈念しまして、私のあいさつとさせていただきます。本日は誠にありがとうございました。」とお礼のことばを述べました。

その後総代会は、定足数の報告、総代会は成立する旨の宣言があり、続いて議長に新潟地域の山口隆総代が選出され議事に入りました。

  第1号議案 第56期事業報告及び財産目録、貸借対照表、損益計算書並びに剰余金処分(案)の承認を求める件

  第2号議案 組合賦課金に関する件

  第3号議案 役員報酬に関する件

  第4号議案 第57期事業計画及び収支予算書[見積損益計算書](案)の議決を求める件

  第5号議案 借入金残高の最高限度額の議決を求める件

  第6号議案 組合員に対する貸付金残高の最高限度額の議決を求める件

 以上、各議案とも執行部から提案理由の説明があり、議場に諮られ、それぞれ賛成多数で承認可決されました。司会より閉会の宣言が行われ、本総代会は滞りなく終了しました。

 次にご来賓の祝辞を、関東信越税理士協同組合連合会 吉村寛理事長(代読片山副理事長)、関東信越税理士会新潟県支部連合会 真島一誠会長からいただき、続いて祝電が多数披露され、すべて無事終了する事が出来ました。

全税共業務推進協議会の報告

全税共担当常務理事 山田 康人

令和4年8月4日アートホテル新潟駅前にて全税共第37回全国統一キャンペーン業務推進協議会が開催されました。改めて申し上げますが、全税共とは全国税理士共栄会の事を言います。全税共の主要部門は生命保険であり、県税協にとっても大変重要な事業であります。

生命保険の部門は、営業職員さんが取扱うVIP大型総合保障制度・全税共年金の部門と、税理士VIP代理店部門があります。今回の協議会は営業職員さん部門がメインとなります。

 協議会には、御来賓として関東信越税理士会新潟県支部連合会より真島会長にご臨席賜りました。また、関東信越税理士協同組合連合会からは吉村理事長の代理として片山副理事長にご出席いただきました。新潟県税協からは三村理事長はじめ執行部の役員・各地域の地域長及び業務推進委員・顧問・監事・事務局の総勢39名が出席いたしました。生命保険会社からは1014名のご参加を頂きました。本来であれば大勢の生保の方に御出席頂きたいところですが、人数制限をさせていただきました。コロナ禍故やむを得ない所です。

 三村県税協理事長の挨拶、片山関税協副理事長の挨拶と吉村理事長からの祝辞の代読、県税協執行部紹介、生命保険会社紹介がされた後、協議会に入りました。

 協議事項及び報告事項の内容は、担当常務理事の私からまず前年度の収納保険料等の実績を報告させていただきました。この報告は、全税共の事務代行社である株式会社日税ビジネスサービス様に作成していただいた資料に基づいて行われますが、新潟県税協の特徴が良く分かる資料であり、大変参考になりました。続いて第37回全国統一キャンペーンの実施要領について説明をさせていただきました。全税共の表彰基準及び賞品以外にも新潟県税協独自の施策の賞の表彰基準と賞品もご用意させていただいております。県税協新人特別賞は今回も継続させていただき、入社5年以内なら表彰基準に該当すれば、何回でも表彰させていただきます。また、表彰対象者は営業職員さんのみならず優秀支社・優秀機関も対象となります。優秀機関表彰については、実情に合わせより多くの機関が受賞出来る様に改訂させていただいております。

 税理士VIP代理店担当の真嶋常務理事からは、税理士代理店部門のZ1Z2キャンペーンの実施要領についての説明がなされました。

 その後、各地域長より各地域の業務推進計画の報告がなされ、各生命保険会社様からは推奨商品の説明をしていただき、キャンペーンの推進方策や意気込みも述べていただきました。

 終わりに、来賓の関東信越税理士会新潟県支部連合会真島会長からご挨拶を頂戴しました。幹事会社の朝日生命保険相互会社新潟支社富永法人マーケット部長・第一生命保険株式会社新潟支社間藤営業推進統括部長のご両名からもご挨拶を頂き、協議会は無事閉会となりました。

 全税共キャンペーンってそもそも何?と思われている税理士会員の方が大勢いらっしゃると思います。県税協の提携生命保険会社の商品の内、全税共扱いが出来るものを営業職員さんに我々の関与先に提案し契約していただこうとするものです。税理士会員自ら提案していただかなくても良いのです。ただ、この関与先はこんな保険に加入して貰えると現在そして将来のリスクが減るんだよなぁと思えるところが有れば、是非「全税共保険紹介カード」を県税協宛にFAXしていただけると大変助かります。その後は各生保さんが頑張っていただけると思います。

 県税協が潤うと、税理士会もその恩恵を受けることになります。是非税理士会員の皆様におかれましては、営業職員さんが事務所に訪れた時には温かくお迎えしていただければ幸いです。県税協の主要事業である全税共事業に、どうぞご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

Z2キャンペーンについて

全税共税理士代理店担当常務理事 真嶋 静雄

日頃は、新潟県税理士協同組合の全税共保険事業に、御理解と御協力を賜り誠にありがとうございます。新潟県税協は、全税共と共同の奨励施策で、「Z1キャンペーン」と「Z2キャンペーン」を行っています。

Z1」とは、組合員が全税共提携生命保険会社(朝日生命、第一生命、日本生命、ジブラルタ生命、エヌエヌ生命、明治安田生命、メットライフ生命、住友生命、SOMPOひまわり生命、アクサ生命、富国生命、三井住友海上あいおい生命、オリックス生命、FWD生命)の代理店に登録していただくということであり、税理士VIP代理店と言われます。「Z2」とは、代理店登録された方に、それぞれの生命保険会社の全税共扱いの保険を挙績していただくということです。

Z2キャンペーンの前に、Z1キャンペーンについて簡単に説明しますと、新規に代理店登録した方とその紹介者に対し、全税共及び新潟県税協より、10,000円のギフトカード贈呈等のキャンペーンです。詳しくは、新潟県税協事務局にお問い合わせ下さい。

本題のZ2キャンペーンとは、税理士VIP代理店の方に挙績を推進するため、全税共と新潟県税協が行う以下のキャンペーンのことです。

  1. 対象期間が令和441日~1231日のZ2キャンペーン

  挙績させた契約の月額保険料(25万円以上から)に応じて下記の賞品を贈呈。全税共と新潟県税協の賞は重複して受けることが出来ます。

  【全税共】
    ドリームA賞  10万円ギフトカード
    ドリームB賞    5万円ギフトカード

  【新潟県税協】
    ときめき賞    15万円ギフトカード
    朱鷺A賞        8万円ギフトカード
    朱鷺B賞        5万円ギフトカード

  2. 対象期間が令和441日~令和5331日の新潟県税協独自のZ2キャンペーン年間賞

  挙績させた契約の月額保険料(50万円以上から)に応じて下記の賞品を贈呈。この賞は上記1と重複受賞が出来ます。

  金 こしひかり賞     20万円ギフトカード
 銀 こしじわせ賞     15万円ギフトカード
 銅 こしいぶき賞     10万円ギフトカード
 パール ゆきのせい賞     5万円ギフトカード
 クリスタル なごりゆき賞   1万円ギフトカード

3. 新潟県税協独自のZ2連続挙績キャンペーン

  期間は令和441日~令和5331日まで。この賞は2ヶ月連続の挙績で10,000円のギフトカードを贈呈、さらにその後連続するごとに10,000円のギフトカードを贈呈させて頂くというもの。12ヶ月連続挙績の場合には110,000円のギフトカードの贈呈となります。なお挙績額は問いません。

4. 全税共関東信越地区会会長賞

    令和441日~令和5331日の期間で月額保険料が60万円以上の契約を挙績した場合、表彰式1泊ご招待。

5. 新潟県税協独自の代理店推進表彰

      令和441日~令和5331日の期間で月額保険料が30万円以上の契約を挙績した場合、県内温泉旅行。

 

 全税共及び新潟県税協では、御協力頂いた代理店の方の御努力に報いるべく賞品を多数ご用意させていただきました。まずは「Z1」で代理店に登録して、「Z2」で挙績していただきたく、皆様のご協力を切にお願い申し上げます。

第16代理事長挨拶バックナンバー

第15代理事長挨拶バックナンバー

第14代理事長挨拶バックナンバー

第13代理事長挨拶バックナンバー